2017年7月12日水曜日

初の一年生だけの大会/成蹊Joint報告

こんにちは。暑くて仕方なくエアコンの温度を24度に下げたのに涼しくならず、確認したら暖房でした。広報の山本です。


さて、今回は成蹊大学で6/4に行われた一年生大会、成蹊Jointの報告です。
一年生だけで出る初の大会で、皆さんとても頑張っていました。


今回感想を書いてくださったのは石橋葵
さんです。よろしくお願いします。


------
成蹊ジョイントははじめての大会でした。ディベートも数回しかしていない状態でに全然慣れていなかったので、どうなることかとひやひやしましたが、ペアの子の力があって2勝することができました!私は今回セカンドを担当しました。2回目のラブモーションのディベートはいまいちつめれた感じはしませんでしたが、一回目のディベートでは、自分にしては上手く論を通せたのかなと思います。まだまだスピーチもたどたどしくて、深い論までもっていくこともできていないですが、強いディベーターになりたいなと思う大会になりました。
------

ありがとうございました。ディベート自体にまだ慣れていなかった人も楽しんでいただけたようでなによりです。

最後は大会の写真です!



しっかりスピーチしています。

























真ん中で二年生が若さを吸収中




ペアで楽しそうにプレパ。仲良さそう...








みんな大会おつかれ!

2017年6月28日水曜日

ようこそディベートの大会へ! /2017 Elizabeth Cup

広報の菊池です。

今回の投稿は、5月7日に行われたエリザベス杯の報告と感想です。
今年度もたくさんの一年生が上級生と参加しました。
1年生は初めてのディベートの大会。2年生は初めて上級生として引っ張ていった大会。
とても思い出の残る大会となりました!

まずは結果報告からです。

Jaime Rookie 4th Best Speaker!!

おめでとうございます♪

今回の感想はジェイミーちゃんにお願いしました。
それではご覧ください!

----

はじめまして、経済学部の1年生のジェイミーです。5月の Elizabeth Cup について感想を書かせていただきます。はじめて日本語でブログの文章を書くので、日本語が足りない部分があって申し訳ございません。
Elizabeth Cup は上級生と1年生一緒に参加者する体験大会です。一年生にとっては初ディベート大会です。
 一年生の私たちが上級生からたくさんことを教えてもらいました。大会までに一緒にディベートに出て、アドバイスをを頂いた先輩本当にありがとうございました。
さて、大会当日について話しましょう~
今年Hit-U から参加したチームはHit-U A ~ O でした。
今年のElizabeth Cupのモーションは:
THW ban anonymous writing on SNS.
THW establish exclusive school for LGBT.
TH regrets the love coming from first sight. (aka 目惚れ)
THW prohibit the sacrifice of animals for religious purposes.
私たちのチームはRound2にジャッジをしました。
大会前の練習でスピーチのかたちやPM/MG/LO/MOそれぞれの役割を勉強しました。けれども、本番を経験したら、やはり予想していたのと違います。本番のディベートにでるとき、緊張して、頭が真っ白になったことを今回経験しました。先輩がサポートしてくれて、よかったです。

ちなみに、私は今回のディベートで法学部の室田茉悠花先輩と組ませていただきました。╰(*´︶`*)╯♡ 結果は2勝1敗でした。まゆか先輩は今回の大会でexperienced speakerのなかで18位を取りました。3、4年生と社会人もいるカテゴリーで18位を取った素晴らしかったです。先輩のおかげで、私がrookieの4位を取りました。
そしてこのような機会を与えてくださった先輩方に感謝です。同級生と一緒に最初の大会出て、楽しかったです。
これからHit-U Debateと一緒に頑張りましょ!
次回をお楽しみに~

------

ありがとうございます!

それではフォトギャラリーです。


いつも和やか、さきちゃん水上ペア♪



見た目は美男美女、中身は個性派、
翼くんこもさんペア!



あれペアは・・・!?
ゆみこはジャッジしてくれたんです、ありがとう



作戦会議してる、涼華ちゃんかめちゃんペア♪



ルーキー4位おめでとう!
ジェイミーちゃんまゆかペア



大会が終わりこれから
土橋キャプテンの話を聞くところです



1年生の皆さん、これからよろしくね!




2017年6月23日金曜日

いざ関西へ!~The Kansai 2017~

広報の森です。

更新が遅くなってしまいましたが、今回は3月に行われたThe Kansai 2017の報告と、感想をお送りします!

まずは結果報告からです。

鱈レバー娘(Azusa, Rio, Yuko) Rookie Champion!

[名前を入力してください] (Momose, Kame-chan, Koike) Rookie Semi Finalist!

Chihiro Saito 3rd Best Adjudicator!

Hideki Takishima, Tatsuya Okuda, Yuriko Sugimoto Break as Judges!


おめでとうございます!

皆さん、大阪も満喫してらっしゃって楽しそうでした♪♪

今回の感想は奥村裕子さんにお願いしました。
ぜひお読みください!

----

2年生の奥村裕子です!この度、3月に行われたThe Kansai 2017の感想文を書かせていただくことになりました。最後まで読んでくださるととても嬉しいです:)
この大会では、とっっっても尊敬する先輩のあずささんと、プライベートでも仲良くさせてもらっているりおと組みました。ロールは、わたしがファースト、あずささんがセカンド、りおがウィップでした。ラウンドやプレパ練は本当に本当に楽しくて、2人といる時間が幸せでした♡ディベート面では、あずささんは本当にたくさんのマターを持っているし、思考も速いし、社会問題の知識も豊富だし、私は完全に頼りきりでした。りおは、今まで何回もブレイクしているし、良いリフュートたくさん思い付くし、俯瞰的にディベートを見ることができるし、わたしには無いものをたくさん持っていて、りおから吸収するものばかりでした。それに比べたら、わたしは冬ADIでやっと初めてブレイクできたくらいで、足を引っ張るんじゃないかとも思ったけれど、できる限り役に立つよう努力して、色々なことを吸収してこよう!という気持ちで臨みました。
結果は、2nd Rookie BreakからのRookie Championでした!!!
本当にあずささんとりおに頼りきりではあったけれど、”Champion”という文字を見た時と、トロフィーを持った時は、本当に心から嬉しくて、多分ずっとにやにやしていたと思います(笑)
この大会を通して得たものは何なのかなあと考えていたのですが、3つほどあると思いました。
①知識の大切さ
 おそらくわたしは皆に比べたら今まで全然努力はしてこなくて、だからこんなにマター力もないし、でもなんだか今までディベート続けてきちゃったという感じでした(笑)でも今回、あずささんの知識の豊富さに本当に感動して、こんな風にわたしもなりたいなって思いました。また、知識がないと大会では勝てないなと実感しました。
②大会当日までの準備の仕方
 今までわたしが大会に向けてやってきたことは何だったかというと、練習に出てラウンドをすることと、プレパをしたり見てもらったりするくらいでした。けど、今回初めて、LINEグループでリサーチやマターを共有したりして、こんな協力の仕方もあるのだなと知りました。(他の人は既にやっているのだろうけれど…)だから、これからは、ラウンドやプレパ以外でもやった方がいいと思ったことは、常識にとらわれずどんどん取り入れていこうと思いました!!
③構造的な理解力
 今回、ほぼすべてのディベートがあずささんとりおのマターに頼りきりだったので、わたしは何を心掛けていたかというと、ふたりの話を一発で理解して、それを構造的に整理して、きれいにスピーチすることでした。この練習を何度もしたおかげで、以前よりはわかりやすいファーストスピーチができるようにはなったかなとは思っています:)
まだまだ改善すべき点は数えきれないくらいあって、自分にできるか不安になることなんてしょっちゅうだけれど、Hit-Uには尊敬できる努力家な同期や先輩がたくさんいるので、皆に刺激を受けながら頑張ります!
最後まで読んでくださりありがとうございました:)

------

ありがとうございます!

写真もご覧ください!

Rookie Champion‼‼

Rookie semi finalist!!!

                    さいちさん 3rd Best Adjudicator!!


「PPは禿だが役に立つ」The WORST team name!
おめでとうございます(笑)

庄司さん増村さんちゆなさん!

集合写真

お疲れさまでした~!


2017年5月8日月曜日

コンセプトは愛~!ディベートのすすめLesson13 報告

広報の森です。

今回は2月末に行われた、ディベートのすすめLesson13の報告と感想です。

各々のチームが「○○愛」に当てはまるコンセプトを設定してjointで出場するという珍しい大会でした!


まずは結果からです‼

タイテック部室愛(Tomoya Yonaga) Quarter Finalist!!
未完成の愛(Azusa Iida, Yuna Chi) Pre-Quarter Finalist!!

Tomoya Yonaga 2nd Best Speaker!!
Rintaro Komanba 2nd Best Adjudicator!!
Kosuke Shoji  Break as Judge!!

す‼



さて、今回の感想は3年生の飯田梓さんにお願い致しました。どうぞ...‼‼

--------

Hit-U3年の飯田梓です。新1年生が続々と練習に来てくれ、その晴れやかな顔を見るたび「あの頃に戻ってたら何するかな〜」と、うらやましい気持ちになります。でも頭に浮かぶのは、やはりこの居心地の良いHit-Uに入っている自分です(笑)

今年2月、慶應大学主催の「でぃべーとのすすめ」という大会に参加しました。この大会は例年、愛をテーマに他大の人とチームを組みます。さらに今年は多彩な愛を推進するため、チーム組み方性別制限がなくなりました。

私は東工大の戸塚くん、Hit-Uの池さんと「未完成の愛」というチームで出場しました。というのも、他2人はほぼ初対面、未完成どころか作り始めてもいない、愛だったからです。
それでも、お父さんのような安定感バツグンの戸塚くん、そして他大会でもよくチームを組んでくれる池さんとディベートをしたい、という私の衝動愛から始まりました。


春休み期間だったので、お互いの予定を擦り合わせながら、時間を作ってHit-Uや他大の練習にお邪魔しました。積み重ねていくうちに息も合い、まるで家族のような、暖かい愛が育まれていきました。

そして、いざ本番。最初のラウンドで負けてしまいます。ですが、いつも課題提出すれすれのギリギリ族は追い込まれても力を発揮できる、と思いこんで、チームは結束。なので、夜11時大宮のすた丼にて3人で迎えた結果発表にはホッとしました。試練を越えて愛は固まる。

最終結果はOct-finalistsにとどまってしまいましたが、毎ラウンドで忘れ物をしてしまう戸塚くんなど、お茶目な面が見れて、違った楽しみも詰まった大会でした。
普段接することの少ない人とでも、数ラウンドで親しくなれるディベート、また機会があればコミュニティの輪を広げていきたいです。


最後に。愛に完成などないと私たちは悟ったので、これからもこの繋がりを大切にしていきます

--------

梓さん、ありがとうございます‼



最後に、写真ギャラリーです!



Pre-Quarter Finalist!!!!


2nd Best Adjudicator!!!!


チーム「睡眠愛」の3人~


         チーム「未完成の愛」  ハートは1個と半分!!



2017年4月20日木曜日

新歓活動してます!

暖かくなったし、急にアウトドアしたくなりますよね。
広報の山本です。

今回はHit-U Debate Sectionの新歓告知の投稿です。

英語がうまくなりたい。どうしたらいいか…など悩んでいる人はぜひディベートへ!スピーチの時間が決まっていて喋る機会が確保されていて、英語力の向上にも繋がります。もちろん論理性も磨けます!英語が今できなくても大丈夫。皆最初はできませんでしたし、できるように皆で少しずつ練習していきます。

本日を含め、毎週月曜日と木曜日の4限終了後に体験会を行っています。
基本的に一橋大学東キャンパス東1号館の1304教室でやりますが、変更がある場合などはTwitterやLINE@でお知らせさせていただきます。


また、4/15に武蔵野中央公園で新歓BBQをしました!ビンゴ大会のレクリエーションなどを通じて楽しく交流できました。




先輩方のスピーチに聞き入る新入生たち


ビンゴで景品ゲット!

当たりそうであたらないビンゴに夢中…

お肉もおいしくいただきました

2017年4月12日水曜日

一橋主催の1年生大会と涙の2年生引退 /2017 Asian Bridege 報告

広報の菊池です。

さて、1月初めに行われたAsian Bridge2017の報告と、感想です。
この大会はHit-u主催であり、1年生にとっては初のAsian style(3対3で行われる)の大会であり、2年生にとっては役職の仕事を終える節目になる機会であり、多くの部員の心に残る大会でした。

Hit-U ω U-tiH (Chika Matsumoto Tatsuya Okuda Ikumi Saito) 9th Best team!!!

今回の感想は齋藤郁美さんにお願いしました。


----



大変遅くなりました、新二年になる齋藤郁美です。今更感がすごいですが、アジ橋の感想を書かせて頂くことになりました。

今回、奥田君と松本さんとのチームで、松本さんファースト、奥田君セカンド、私はウィップをやらせてもらいました。練習段階から初めてのAsianスタイルに翻弄されっぱなしでした。30分プレパでの時間配分がつかめず、詰めるべきところを詰め切れなったり、ウィップとしてもクラッシュの作り方が分からなかったり…

大会当日、ラウンドの前にレクチャーがありましたが、私は浅井さんのWhipレクチャーの方を受けました。掴みからとても魅力的で、Whipの基本的なやり方から、これからのWhipの技術の向上のポイントまで、幅広く多くのことを教えて頂きました。レクチャー資料は今でも度々見直して活用しています。本当にありがとうございました。

レクチャーを経て、1ラウンド目は勝てましたが、2ラウンド目はKDSに完敗しました。3ラウンド目はスタンスの決定に若干手間取った感もありましたが、なんとか勝つことができました。

前の二人に頼り切りで、戦績に貢献できた感触はあまりありませんが、とても学ぶことの多い大会でした。特に、レクチャーと今回のチームでのプレパを通して、自分が話を立てることに必死で、勝ち方をあまり考えていなかったことを強く感じました。今回の経験をこれからの練習にも活かしていきたいと思います。
 
 大会の準備を進めながら、普段の練習も見て頂いた先輩方、本当にありがとうございました。新3年の先輩方は、もちろんこれからも練習にはいらっしゃいますが、役職などに関してはアジ橋が一つの区切れ目になりました。先輩方のようにはなれませんが、教えて頂いたことを無駄にしないよう、これからも頑張りたいと思います。



----



ありがとうございます!!
それでは写真ギャラリーです




Hit-U ω U-tiH プライズおめでとう!!
 
 
 
 
反駁戦隊ディベレンジャー決まってる
 
 
 

 
ディベレンジャー青の活躍
 
 
 
 

 
お世話になった2年生に色紙と花束を渡しました。感動!
 
 
 
 
はるみんさんとりおの内渉コラボ写真。
お二人方ともしっかりしておられてHit-Uも安泰なのです
 
 
 
 
2年生お世話になりました!!
また遊びにきてください~~

2017年3月7日火曜日

全日本おにく争奪杯!!! --Ryoso Cup 2016 報告

「いいおにく」って食べると人生観変わりますよね。どうも、広報の庄司です。


さて、本日は昨年12月に行われた2016年内最後の大会、凌霜杯の報告と感想です。
凌霜杯は例年年末に神戸で行われる、BPスタイル(British Parliamentary/英国議会式)の大会です。
Hit-Uからは少数精鋭ながらも参加し、今回も輝かしい結果を残してきました。

早速その結果から……!!

Hit-U A (Azusa Iida, Rintaro Komanba) Quarter Finalist!!!

クリスマスイブキ (Daichi Tanaka) Quarter Finalist!!!

Chihiro Saito 5th Best Adjudicator!!!


今回は二年生ペアが準々決勝進出、また他大学と組んだ三年生も準々決勝に進出しました。
ジャッジでは二年生の齋藤が上級生を含め5位の審査員としての表彰を受けました。

さて、今回の感想文は駒場くんにお願いしております。どうぞ……!!

--------

どーも。法学部2年の駒場です。去年の紅葉杯以来の登場です。
ずいぶんと前になりましたが凌霜杯に出た感想その他もろもろを書いていきたいと思います。注意点ですが自分は文才というやつが全くないです。ゆるしてください。

1.    大会前
    出た経緯
同期の飯田と組みました。個人的には先輩、後輩と組む機会がこれまで多かったので久々に同期と組んでガチで大会で勝ちたいってモチベーションでした。あと去年のノービスで飯田と組んで非常に悔しい思いをしたので、一年たってリベンジしたいという思いもありました。
    練習
結果的に10月後半あたりからちょくちょく練習し始めて、ノービスが終わったあたりからギアを入れなおして練習をこなしました。BPは特にプレパが大事だとお互いに考えていたので、特にプレパ練に重点を置いて練習をしました。

2.    大会
    1日目
1ラウンド目(OG;ハミセクA OOTitech A COTCUE A
寒くてトイレに行きたかったことくらいしか覚えていないです。OOTitechのへいしろうさんがいて「ふぉえ~」ってなってましたがCAの鍋島さんに一位を頂きました。上場の立ち上がり。
2ラウンド目(OG;トムさんかすみさん OOKOBE D CG;ゆりしょー、ゆうすけ)
モーションはセーフスペースムーブメント。ノービス前にマターを集めていたこともあり無事1位。ジャッジのKDS同期のしゅんきに「うまくなったね」と言われました。上から目線でなんかうざかったけどしゅんきなので許す。
3ラウンド目(OOMarkさん、寺岸さん CG;大原さん、さわさん CO;渋谷さん渋田)
トップラウンド。OPPがうますぎて手も足も出なかったが、ポジション運もありケツ回避。7点でバブルへ進みました。
4ラウンド目(OG;渋谷さん渋田 OO;トムさんかすみさん CG;かえるさん小林さん)
ポジションがCOかつOpeningがとても強いので焦りました。ラウンドがパラレルになっていて、Closingは状況の整理をしたうえでエンションを出せばよかったものの、4ラウンド目でガス欠を起こしていた脳みそにそれはできず、きちんとラウンドに貢献したかが見えにくくなってしまいました。OWからCGに必死に食いつくことくらいしかできませんでした。ラウンド終了後はずっとジャッジの教授さんにお祈り。
    二日目
 9位ブレーク。割と点数も高かったのでほっとしました。
QFOG;戸谷さん、ゆーたいさん OO;マークさん COTCUE
去年のMDOのときに似たようなモーションをオーディエンスとして視聴したのでプレパは順調。しかしラウンドの流れを見誤り中で自分たちが出しているエクステンションがどのように貢献しているかを示すことができず、クオで散りました。
3.    感想
最終的な結果としては、Quarter Finalist、個人としては12位でした。特にジェミニや秋T、ノービスではブレークできず、この大会はまさに「背水の陣」としてこの試合に臨んだので、これまでの大会でのブレークの何倍もうれしかったです。QFどまりの僕が偉そうに書くことではないような気もしますが、個人的に大会で重要だなとおもったことを書きます。
    「勝つ」意識
別に自分が精神論を重視しているわけではないですが、これは結構大事だと思います。特に先輩にあたる時は大事になってくると思います。「絶対〇〇のチームつぶす」的な感情は常に心の中に持つことが、バブルラウンドだったり実力が拮抗しているラウンドでは大事な気がします。(実際今年のノービスやジェミニで、「ダメかもしれない」と後ろ向きになった瞬間いいマターが出てこなくなったりしました。)ネガティブな意識はスピーチにも出て確実にジャッジの心象にも影響します。今大会では毎回ラウンドが始まる前に「勝つ」とプレパ用紙に書いて意識していました。
    他人の意見
当たり前かもしれないですけどこれはやっぱり重要なんだな、と改めて意識させられました。大会1週間前まではパートナーの飯田と二人でプレパ練をしていることが多かったのですが、冬T後からは社会人の衞藤さんと卒論で忙しい曽我辺さんに無理を言ってプレパ練を見てもらいました。プレパの中で何が意識できていないかを確認してもらう上で、第三者にプレパ練を見てもらうことは非常に重要です。他人にプレパ中の弱点を指摘してもらうことで、特にそれが意識できるようになります。あと、特に先輩にプレパを見てもらい、よかったといってもらえると何より今までうまくいかなかったラウンドとかの相談などができて何より自信になります。

4.最後に
 僕は1年生のころから全然ディベートがうまいわけではなかったです。去年の冬Tの個人の順位は170人中140位くらいで、結果が出なくて本当にディベートをやめたくなるときが多かったのですが、めげずに頑張ってるとコンスタントにディベーターやジャッジでブレークできるようになって個人としても割といい結果が出るようになりました。特に1年生は上級生大会などでいいスコアが取れなかったり、ブレーク落ちを経験し続けると思います。確かにディベートは英語しゃべれるやつやセンスあるやつが有利であることは間違いないのですが、コツコツと努力してれば純ジャパでセンスないやつにもスポットライトがあたる番が回ってくるはずです。結果が出ないときには先輩に背中を押してもらいながら、頑張ってほしいなと思います。

 もちろん個人としてもQFで満足しているわけではないので今後の大会でより良い結果が出せるように今後の大会で頑張っていきたいと思います。

-----

熱い感想、ありがとうございます。
最後は写真ギャラリー!!


ジャッジには無料でおにくが振る舞われました。おにく。


Quarter FinalistのHit-U A
駒場、おめでとう


同じくQuarter Finalistのクリスマス"イブキ"


ひっちゅー4人で!


やっぱり締めはおにくですよね。
お疲れ様でした。